ディック : SF おすすめ 小説

Philip Kindred Dick

ホーム » Novel » フィリップ K ディック

ディック おすすめ SF

Don’t try to solve serious matters in the middle of the night.

真夜中に深刻な問題を解決しようとしてはいけない。

フィリップ K ディック という作家の作品は、それまで信じてきた現実が実は虚構の塊だった、と思わされる。映画マトリックスの世界で描かれた「仮想世界」と「現実世界」のように、今私達の目の前に広がる世界は、本当の現実なのでしょうか?

流れよわが涙、と警官は言った

三千万人のファンから愛されるマルチタレント、ジェイスン・タヴァナーは、安ホテルの不潔なベッドで目覚めた。昨夜番組のあと、思わぬ事故で意識不明となり、ここに収容されたらしい。体は回復したものの、恐るべき事実が判明した。身分証明書が消えていたばかりか、国家の膨大なデータバンクから、彼に関する全記録が消え失せていたのだ。友人や恋人も、彼をまったく覚えていない。“存在しない男”となったタヴァナーは、警察から追われながらも、悪夢の突破口を必死に探し求めるが…

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

長く続いた戦争のため、放射能灰に汚染され廃墟と化した地球。生き残ったものの中には異星に安住の地を求めるものも多い。そのため異星での植民計画が重要視されるが、過酷で危険を伴う労働は、もっぱらアンドロイドを用いて行われている。また、多くの生物が絶滅し稀少なため、生物を所有することが一種のステータスとなっている。そんななか、火星で植民奴隷として使われていた8人のアンドロイドが逃亡し、地球に逃げ込むという事件が発生。人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが…

ユービック

一九九二年、予知能力者狩りを行なうべく月に結集したジョー・チップら反予知能力者たちが、予知能力者側のテロにあった瞬間から、時間退行がはじまった。あらゆるものが一九四〇年代へと逆もどりする時間退行。だが、奇妙な現象を矯正するものがあった――それが、ユービックだ! ディックが描く白昼夢の世界

Philip Kindred Dick

固定ページ: 1 2 3 4


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。