ブラッドベリ : SF おすすめ 小説

Ray Douglas Bradbury

ホーム » Novel » レイ・ダグラス・ブラッドベリ

ブラッドベリ おすすめ SF

レイ ・ ブラッドベリ の SF は ミステリー&ファンタジー

レイ ・ ブラッドベリ という作家の存在無くして、この世に生まれなかった作品は山ほど多い。以下に上げる作品を紐解いてみれば、どこかで見たことのある映画やコミックが思い浮かぶだろう。

何かが道をやってくる

ある年の万聖節前夜、ジムとウィルの十三歳の二少年は、一夜のうちに永久に子供ではなくなった。カーニバルの騒音の中で回転木馬の進行につれて、時間は現在から未来へ過去から未来へと変わり、魔女や恐竜の徘徊する悪夢のような世界が展開する。SF界の抒情詩人が世に問う絶妙なリズム。ポオの衣鉢をつぐ一大ファンタジー。

太陽の黄金の林檎

冷えきった地球を救うために太陽から“火”を持ち帰ろうとする宇宙船を描いた表題作「太陽の黄金の林檎」、灯台の霧笛の音を仲間の声だと思いこみ、海の底から現れる古代生物の悲哀を綴った「霧笛」、タイム・トラベルの危険性を鋭くえぐる「サウンド・オブ・サンダー(雷のような音)」など、SFの抒情詩人たる巨匠の幻想と詩情にあふれる22篇を収録した短篇集。

華氏451

華氏451度──この温度で書物の紙は引火し、そして燃える。451と刻印されたヘルメットをかぶり、昇火器の炎で隠匿されていた書物を焼き尽くす男たち。モンターグも自らの仕事に誇りを持つ、そうした昇火士(ファイアマン)のひとりだった。だがある晩、風変わりな少女とであってから、彼の人生は劇的に変わってゆく……本が忌むべき禁制品となった未来を舞台に、SF界きっての抒情詩人が現代文明を鋭く風刺した不朽の名作、新訳で登場!

Ray Douglas Bradbury

固定ページ: 1 2 3 4


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。